2020年7月14日火曜日

『世界を変える教室 ティーチ・フォー・アメリカの革命』(ウェンディ・コップ)

『世界を変える教室 ティーチ・フォー・アメリカの革命』(ウェンディ・コップ)

『世界を変える教室 ティーチ・フォー・アメリカの革命』(ウェンディ・コップ)を読んだ。

 アメリカン・ドリームを実現できない国、アメリカ。教育格差が酷すぎ、貧困に生まれると大学に入れないためです。著者はこれを、現実に打破しようとしたのです。

 著者が創始したティーチ・フォー・アメリカは、投資銀行に就職するような大学生を勧誘し、貧困地域の学校へ教師として2年間送り込みます(その後も教育分野に残る人も多い)。良い教師の人材獲得を徹底的に追求し、成績向上を厳しく要求します。貧困地域で通常の教育を実現しても足りない。本当の機会平等を実現するという、強い信念が溢れています。